ボランティア保険

国内におけるボランティア活動中の偶然な事故により

  1. ボランティア自身が被った「ケガ」
  2. ボランティア自身が活動の対象者など他人の身体や財物に損害を与えた結果、ボランティア自身が法律上の賠償責任を負った場合の「賠償責任損害」に対する補償をセットにした保険です。
  • 補償期間は4月1日0時から翌年3月31日24時までです。また、補償期間の途中での中途加入も可能です。その場合の補償期間は、加入手続き完了日(当センターでの受付日)の翌日0時からとします。
  • 保険料は所定の振込用紙をご利用ください。直接窓口でお支払いされる場合は保険料の受領証が発行されませんのでご注意ください。

補償内容や補償金額により保険料が異なります。
詳細は当センターまたは東京福祉企画へお問合せください。

ボランティア活動の前には、必ずボランティア保険への加入をしましょう。現地のボランティアセンターでの加入ができるところもありますが、事前にお住まいのお近くの社会福祉協議会などで加入をしましょう。

大規模災害特例措置について

地震・噴火・津波などの災害により被害が広く大きく発生したため災害対応等のボランティア活動に緊急性がある場合に、特例として、保険料入金を確認のうえ、窓口にて申込みを受け付けた時点から即時にボランティア保険を有効とします(全プラン共通)。保険終期は当該年度の3月31日です(通常の受付は、窓口受付の翌日午前0時から保険有効となっています)。

※活動先の災害ボランティアセンター等が、県外からのボランティアを受け入れているのかを必ず確認してください。

行事保険

国内において、福祉活動やボランティア活動などを目的として、または、市民活動の一環として、非営利の団体が主催する行事参加中に行事参加者が偶然な事故でケガをした場合の「傷害保険」です。
なお、行事主催者が行事参加者など他人の身体や財物に損害を与え、行事主催者が法律上の賠償責任を負った場合の「賠償責任保険」は平成22年度からセットになりました。

  • 行事保険に加入するには参加者全員(主催者、スタッフ含む)の氏名、住所、電話番号の入った名簿を行事当日に設置することが条件となります。

補償内容や補償金額により保険料が異なります。
詳細は当センターまたは東京福祉企画へお問合せください。