食べ物を「捨てる」より「活かす」活動へ 10月は・・・食品ロス削減月間<フードドライブ(10月15日~17日)>

いつ:
2019年10月15日 @ 10:00 – 2019年10月17日 @ 16:00
2019-10-15T10:00:00+09:00
2019-10-17T16:00:00+09:00
どこで:
狛江市役所2Fロビー
日本、〒201-0003 東京都狛江市和泉本町1丁目1−5
連絡先:
NPOフードバンク狛江
03-5497-0272

食べ物を「捨てる」より「活かす」活動へ 10月は・・・食品ロス削減月間

<フードドライブ>

◎日時:10月15日(火)~17日(木) 午前10時~午後4時
◎場所:狛江市役所2Fロビー

ご家庭に眠っているまだ食べられる食品をフードバンクへ寄付してください!
10/16は世界食料デー 世界の食料問題を考える日。身近にできることから貧困問題の解決を…!

「SDGs=持続可能な開発目標」17項目が、国連サミットで採択され、以下の取組みも提唱されています。

1「あらゆる貧困の撲滅」
2「持続可能な生産と消費=食品ロス削減

皆様から寄付された食品は、食の支援を必要とする方へ届けます。

<講演会のご案内>

「食品ロスを減らし、活かす社会を」
◎日時:10月26日(土)14時~
◎場所:エコルマホール多目的室
◎講師:リサイクル事業でSDGsにも取り組む高橋巧一氏(狛江在住)
(株)日本フードエコロジーセンター社長

◎主催/お問合せ
NPOフードバンク狛江
〒201-0012 狛江市中和泉3-12-3パインハウス狛江101号室
TEL 03-5497-0272
メール info@fb-komae.org

◎共催:狛江市

===

「世界食料デー」に考える、食の問題
SDGs(持続可能な開発目標)をご存知でしょうか?日本を含む国連加盟国が2015年に採択した、
2030年までに持続可能な世界を実現するための17の国際目標です。
「誰一人取り残さない」という決意の中で、世界が目指す大きなゴールの中には、
「あらゆる貧困の撲滅」や「持続可能な生産・消費」つまり食料廃棄の削減も含まれています。

フードバンクはこの二つの問題をつなぐ活動をしています。この機会にぜひ食品寄贈にご協力いただき、
さらにSDGsを推進する事業を通して食品ロス問題に迫る10月26日(土)講演会にもぜひご参加ください!

ご協力ください!

<食品の寄贈>
◆常温保存可能で、賞味期限が1ヶ月以上残っているもの
◆お米、缶詰、即席食品、カップ/袋麺、乾麺、飲料、お菓子など
下記の場所で食品寄贈を受け付けております。

■フードバンク狛江
狛江市中和泉3-12-3パインハウス狛江101号室
毎週月・木 10時~17時(03-5497-0272)
■こまえくぼ1234
和泉本町1-2-34
火・祝休館 10時~17時(03-5761-5556)
■こまえ正吉苑
西野川2-27-23
月~土 8時半~17時半(03-5438-0555)
■こまえ苑
岩戸南4-17-17
月~土 8時半~17時半(03-3489-2404)
■狛江社会福祉協議会
元和泉2-35-1(あいとぴあセンター内)
日・第3土・祝休館 8時半~17時15分(03-3488-0294)

<寄付>
活動資金の寄付、ボランティアも募集しています。詳細はご連絡ください。
会員/賛助会員/賛助団体募集中、企業・団体からの協賛や寄付も募集しています!

<フードバンク狛江について>
2014年12月から【”もったいない”を”いただきます”へ】を合言葉に、活動を開始しました。
まだ食べられるのに様々な理由で廃棄される食品を企業や個人から寄贈していただき、狛江市の福祉相談窓口こまYELLや社会福祉協議会と連携して、
食料支援を希望する世帯へ毎月50件を超える支援をしています。また地域の福祉団体にも食品を提供し、食を通じた「支えあう地域づくり」を目指しています。
2018年夏休みあら、ひとり親子育て応援として給食のない時期の食料提供を始めました。

フードバンク狛江へのお問合せや食料の支援提供のご要望については、下記までご連絡ください。

☆NPO法人 フードバンク狛江
・理事長:田中妙幸
・倉庫/連絡事務所:
〒201-0012
狛江市中和泉3-12-3パインハウス狛江101号室
TEL:03-5497-0272
Facebook:「フードバンク狛江」で検索

・ホームページ:http://fb-komae.org
・「syncable シンカブル」クレジットでの寄付を受け付けています