記録映像とトーク「チェルノブイリとフクシマ」

いつ: 2017年12月16日 @ 14:00 – 16:00
どこで: こまえくぼ1234(狛江市市民活動支援センター), 日本、〒201-0003 東京都狛江市和泉本町1丁目2−34

こまえくぼの情報紙〝えくぼ〟にコラムを掲載している作家の志賀泉が、今年9月、チェルノブイリを訪問してきました。 その旅で撮影してきた記録映画を上映し、農村で暮らす老夫婦、サナトリウムの子供たちなど、前向きにたくましく生きる人たちの姿を生きる人たちの人々を「同じ地球に生きる仲間」と感じて下さい。同時に、フクシマのこれからも、自由に語り合いましょう。 ◎日時:12月16日(土)午後2時〜午後4時 ◎場所:こまえくぼ1234 狛江市和泉本町1-2-34 ◎定員:先着20名 ◎参加費:無料 ◎お申込・お問合せ こまえくぼ1234(狛江市市民活動支援センター) 電話:03-5761-5556 FAX:03-5761-5033

野川地域センター クリスマスコンサート

いつ: 2017年12月10日 @ 13:30 – 15:30
どこで: 野川地域センター, 日本、〒201-0001 東京都狛江市西野川1丁目6−9 野川地域センター

◎日時:12月10日(日)13:30~15:30(13:00開場) ◎場所:野川地域センター ◎入場料:無料 ◎演奏:狛江ともしび音楽隊(演奏者:14名、ボーカル:6名) ◎曲目:昭和歌謡 北の宿から、 夜来香(イエイライシャン)、 さらば恋人など        全17曲。 ◎問い合わせ:090-1406-9966(伊藤)

おしゃべりしに来ませんか?

いつ: 2018年1月25日 @ 14:00 – 16:00
どこで: こまえくぼ1234(狛江市市民活動支援センター), 日本、〒201-0003 東京都狛江市和泉本町1丁目2−34

◎日時:平成30年1月25日(木)14:00~16:00 ◎場所:こまえくぼ1234 フリースペース ◎参加費:無料 ◎申込み:こまえくぼ1234 電話:03-5761-5556まで ◎年齢・性別に関係なく日頃感じている事、思い悩んだりしている事等々、話聞き合える場作りをしています。皆様の御参加 お待ちしております。 ◎主催:“ほっと”サロン ◎共催:こまえくぼ1234(狛江市市民活動支援センター)

地域福祉活動計画(案)市民説明会の開催について

いつ: 2017年12月21日 @ 18:00 – 19:30
どこで: あいとぴあセンター4階 講座室, 日本、〒201-0013 東京都狛江市元和泉2丁目35−1

一人ひとりが主役となって、誰もが安心して暮らせるまちを目指して  現在、狛江市社会福祉協議会では第3次地域福祉活動計画の策定を進めています。今回は、計画の概要を広くお知らせするとともに、市民の皆様や市内で福祉活動に携わっている方等からご意見、ご質問をいただきたいと考え市民説明会を開催する運びとなりました。 ぜひ、皆様お誘いの上ご参加ください。 ◎開催日:12月21日(木)18時~19時30分 ◎場所:あいとぴあセンター4階 講座室 ◎当日のプログラム(予定): 1 地域福祉活動計画の概要等の説明 2 あいとぴあカレッジ修了生からのメッセージ 3 コミュニティソーシャルワーカーの実践報告 4 質疑・応答 ※諸事情により内容が変更になる場合があります。 ◎申し込み方法: 参加ご希望の方は、お電話、FAX等でお申込みください。 申込み問合せ先:狛江市社会福祉協議会組織管理係 電話:03-3488-0294(代表) FAX:03-3430-9779 <FAXの場合> 参加申し込み用紙は、画像をクリックして表示されるちらしの2ページめにありますので、印刷してお使い下さい。 ※開催日の3日前までにお申込みください。(当日の飛び入り参加も大歓迎!) ◎主催:社会福祉法人狛江市社会福祉協議会 ※1 地域福祉活動計画とは 社会福祉協議会が呼びかけて、住民や地域で社会福祉に関する活動うを行う者、社会福祉を目的とする事業(福祉サービス)を経営する者等が協働して地域福祉を推進することを目的として民間の活動・行動計画をいいます。今回の計画では「福祉カレッジの開催」、「コミュニティソーシャルワーカー(地域福祉コーディネーター)の配置」、「福祉のまちづくり委員会の設置」の3つを重点事業として位置付けています。 ※2 あいとぴあカレッジとは 福祉のまちづくりを展開するため、平成3年度~平成12年度に実施していた福祉意識醸成のための狛江市民の“学び合い”の場をいいます。今回の計画においては、「福祉カレッジ(仮称)」として、“学び合い”の場を復活させます。 ※3 コミュニティソーシャルワーカーとは 地域において課題やニーズを発見し、受け止め、地域資源(サービス等の情報・人・場所)をつなぎ、具体的な解決へ導く人材をいいます。地域福祉コーディネーターと呼ぶ場合もあります。

えだまめとビールはなぜ出逢ったのか ~日本麦酒産業史屈指(?)の謎に迫る~

いつ: 2017年12月16日 @ 14:00 – 16:00
どこで: 狛江市中央公民館 2F講座室, 日本、〒201-0003 東京都狛江市和泉本町1丁目1−5

狛江の特産といえば枝豆。枝豆といえばビールです。昔から枝豆は庶民の気軽な軽食でしたが、一方ビールは舶来の高級品。この両極端な関係がいつべっすとパートナーに変化したのあ。日本麦酒産業史をご紹介しながら、誰も研究していない枝豆の謎に迫ります。 ◎講師:端田 晶氏 サッポロビール株式会社文化広報顧問 ヱビスビール記念館館長 一般社団法人「日本ビール文化研究会」理事顧問 -経歴- 1955年、東京生まれ。慶応義塾大学卒。サッポロビールに入社し、海外ブランドビールのマーケティング、黒ラベルなどの宣伝政策を担当。広報IR室長、CSR部長などを歴任。『小心者の大ジョッキ』(講談社)『ぷはっとうまい日本のビール面白ヒストリー』(小学館)など著書多数。講演やマスコミ出演の他にライブハウス等での「トークショー」も好評。 ◎平成29年12月16日(土)午後2時~4時 ◎申し込み開始:平成29年11月15日(水)午前9時より ◎申し込み・問い合わせ:狛江市中央公民館 03-3488-4411 ◎定員:50人  受講料:200円 ◎会場:狛江市中央公民館2F講座室(狛江市役所敷地内市民センター) ◎主催:狛江市公民館  企画・実施:こまえ市民大学運営委員会

性差を考慮した医療って知ってますか? 検診、病気における男女の差

いつ: 2017年12月2日 @ 14:00 – 16:00
どこで: 狛江市中央公民館 2F講座室, 日本、〒201-0003 東京都狛江市和泉本町1丁目1−5

性差を考慮した医療(Gender-Specific Medicine)とは ・男性、女性特有の疾患(前立腺ガン、乳ガン等) ・男女比が圧倒的に一方に傾いている病気(自己免疫疾患、骨粗鬆症、うつ病など) ・発症率はほぼ同じでも男女間で経過に差をみるもの(心筋梗塞など) ・いまだに生理的、生物学的解明が男性または女性で遅れている病態 ・社会的な男女の地位と健康の関連など(ジェンダーと病気の関係など) ― それらの適正な診断・治療法・予防措置を目的とする医療改革である - ◎講師:天野(あまの)惠子(けいこ)さん 日本性差医学医療学会理事 (一財)野中東晧会 静風荘病院特別顧問 1967年東京大学医学部医学科卒業後、医学博士取得 アメリカとカナダでレジデントを経験。帰国後、東京大学医学部 第二内科助手、東京大学保健管理センター講師。 東京海洋大学教授兼保健管理センター所長 千葉県衛生研究所所長、千葉県立東金病院副院長歴任。 2009年より静風荘病院特別顧問として活躍 性差医療の研究および実践の第一人者として活躍 ◎平成29年12月2日(土)午後2時~4時 ◎申し込み開始:平成29年11月15日(水)午前9時より ◎申し込み・問い合わせ:狛江市中央公民館 03-3488-4411 ◎定員:50人 ◎会場:狛江市中央公民館2F講座室(狛江市役所敷地内市民センター) ◎主催:狛江市公民館  企画・実施:こまえ市民大学運営委員会

多摩川を元のようにキレイにし隊 10月の台風でゴミの山に!

いつ: 2017年12月10日 @ 10:00 – 12:00
どこで: 狛江水辺の楽校, 日本、〒201-0016 東京都狛江市駒井町3丁目10−16

先の台風21号の影響で、水辺の楽校がゴミの山になってしまいました。現在、市民ボランティアによって清掃活動を開始していますが、まだまだ手が足りていません。皆さまの参加協力をお待ちしています。みんなで水辺の楽校に恩返ししませんか? 「多摩川を元のようにキレイにし隊」の結成式&清掃を行います。 ◎日時:平成29年12月10日(日)午前10時~正午(9時45分受付開始) ※雨天順延 12月17日(日) ◎集合:水辺の楽校 ※事前申し込みをお願いします。(でも、当日参加もOKです) ◎対象:小学生以上 低学年は保護者同伴 ◎狛江水辺の楽校 ※和泉多摩川駅から歩いて15分。 ※駐車場はありません。徒歩か自転車でお越しください。 【服装と持ち物】 汚れてもよいい服装(長そで、長ズボン、長靴など)、タオル、飲み物、着替えなど。 軍手とゴミ袋は用意しています。 【申し込み・問い合わせ】 狛江市環境部環境政策課水と緑の係 Tel.03-3430-1111(内線2561・2562) 直通03-3430-1298 【実施団体】 狛江市/狛江水辺の楽校運営協議会 【協賛】 ダイドードリンコ株式会社 上記以外でも毎週日曜日の清掃活動を行っています。ご参加、お待ちしています! 表示の画像は、ことし同様、甚大な台風被害を受けた2007年のゴミ拾い光景

小・中・大学生で狛江クリーンアップ大作戦!

いつ: 2017年12月9日 @ 14:00 – 17:00
どこで: 狛江市市民活動支援センター(こまえくぼ1234), 日本、〒201-0003 東京都狛江市和泉本町1丁目2−34

狛江の小中学生と大学生とで力を合わせて、狛江のまちをきれいしよう! 明治大学ボランティアサークルLINKsは、毎年狛江で清掃活動をしています。 クリーンアップ大作戦では、小・中・大学生混合のチーム対抗でゴミ拾いを行います。 ●日時 12月9(土)午後2時~5時 ※雨天の場合は中止 ●場所 こまえくぼ1234フリースペース および 狛江市内 ●対象 小学生~中学生 ●参加費 無料 ●定員 30名(先着順) ●お申込み 12月6日(水)までにこまえくぼ1234までお申込みください。 メールでお申込みの際には、①お名前②ご住所③電話番号④学校と学年を明記ください。 ●お問合せ こまえくぼ1234 (狛江市市民活動支援センター) 電話:03-5761-5556 Eメール:info@vc.komae.org ●主催 明治大学ボランティアサークル LINKs ●共催 狛江市市民活動支援センター(こまえくぼ1234)

世界に届け!僕らの絵本 Christmas ver.

いつ: 2017年12月16日 @ 14:00 – 17:15
どこで: IID Gallery(101号室), 日本、〒154-0001 東京都世田谷区池尻2丁目4−5

今年のESAのクリスマスはゾウさん文庫プロジェクト+クリスマス会を開催します。 この季節に心温まる物語を子どもたちに届けませんか? ESAゾウさん文庫プロジェクト 世界に届け!僕らの絵本 Christmas ver. 幼いころ、お母さんに読んでもらったことのある絵本。 そんな身近な絵本に、見たことも聞いたこともないネパール語の翻訳を貼っていく。あっという間に自分だけのオリジナル絵本が完成します。その絵本は、海の向こうの国の友達に届きます。想像してみてください。 絵本を手にした子どもたちの嬉しそうな笑顔を! 参加されると、絵本作りを通してインドの様々は文化を知るだけでなく、世界の人々と心つながる喜びをきっと体験できるでしょう。そんなワクワク体験をしてみませんか? ◎プログラム 第1部 ワークショップ 翻訳絵本づくり 色彩も内容も豊かな日本の絵本に現地語の翻訳シールを貼って、手作り翻訳絵本を作ります。出来上がった絵本はダージリンの子どもたちに贈ります。 第2部 クリスマス交流会 バングラデシュやインドのスナック、ESA自慢の手作りケーキを食べながらプチクリスマス会! 楽しい企画も準備しています。絵本が届く現地の子どもたちの笑顔にも出会えます。 ※クリスマスのこの時期にワンアクション!  ボランティアに関心のある方もぜひご参加ください。 ◎とき:2017.12.16 SAT 14:00-17:15(受付13:30) ◎ところ:IID世田谷ものづくり学校 IID Gallery(101号室) 世田谷区池尻2-4-5 03-5481-9011 ○東急田園都市線「池尻大橋」駅 下車徒歩10分 ○東急田園都市線/東急世田谷線「三軒茶屋」駅 下車徒歩15分 ○渋谷駅から東急バス「自衛隊中央病院入口」 下車徒歩5分 ※施設には駐車場がありませんので、お車での来場はご遠慮ください。 ◎参加費:800円(交流会のみ参加は500円) ◎対象者:中学生以上ならどなたでも ◎定員:先着40名(事前予約制) ◎申込〆切:12月8日(金) ◎主催・お申込み=認定NPO法人 esaアジア教育支援の会 Education Sponsorship in ASIA ■小学生の参加希望の方はお問い合わせください。 ■お申し込みは、ESAアジア教育支援の会まで。 住所、氏名、連絡先、参加人数をお知らせください。 認定NPO法人 esaアジア教育支援の会 Education Sponsorship in ASIA 〒201-0014 狛江市東和泉1-23-3-101 TEL 03-5497-2261 (月・水・金10時-17時) FAX 03-5497-2262 info@esajapan.org ◎助成=真如苑助成金プログラム

NPO運営講座 企業とつながろう ~企業の協力を得るための「コツ」~

いつ: 2017年11月28日 @ 19:00 – 20:30
どこで: 調布市市民プラザあくろす2階 会議室1, 日本、〒182-0022 東京都調布市国領町2丁目5−15

団体のミッションを達成するうえで、企業との連携が必要になる場合があります。そのためには、自分たちの団体の特徴を理解すると共に、企業の社会貢献におけるミッションを把握することが必要になります。 本講座では、大手飲料メーカーCSR担当などの経歴もあるCSR・協働コーディネーターの池上さんをお招きし、、ワークショップを通じて、実際に企業との連携に動き出すための準備を行います。 ◎日時:11月28日(火)19時~20時30分(受付開始:18時45分) ◎場所:調布市市民プラザあくろす2階 会議室1 ◎講師:池上 直樹氏(CSR・コーディネーター) ◎定員:20名(申込順) ◎参加費:500円(資料代) ◎対象:主にNPO・市民活動団体等で、企業との協働を通じて団体の活動を発展させたい思いのある方。また、どのように企業とつながり、協働すればいいか悩んでいるが、講座をきっかけに実際にアクションを起こそうと考えている方。 ◎申込み:FAX・窓口・メールのいずれかで当センターへ ◎問合せ:調布市市民プラザあくろす 市民活動支援センター 調布市国領2-5-15コクティー2階 電話:042-443-1220 FAX:042-443-1221 E-mail:npo-center@ccsw.or.jp ※申込書 表示の画像をクリックすると申込書が表示されます。