缶詰とアルファ化米を使った非常食のアイディアコンテスト(一次審査〆切:2月25日)

災害時に命を繋ぐ「非常食」を備蓄していますか?私達が住む狛江市の非常食の備蓄量は8300人の3日分しか備蓄されていません。自然災害が起こった時あなたは何を食べますか?缶詰やアルファ化米を使った災害時に大活躍する非常食レシピコンテストを開催致します。
※対象者:コンテスト発表日に調理可能な方。

最優秀賞: 5千円分のクオカード 災害時非常食レシピ冊子にて紹介。(コンテスト後狛江市社会福祉協議会のご協力の元作成)
優秀賞: 3千円分のクオカード
JC賞: 野菜の詰め合わせ
審査員賞: 調味料セット

《募集要項》
■一次審査 平成30年2月25日(日)
募集作品の中から応募事項に沿った作品を書類審査します。

■二次審査 平成30年3月18日(日)
会場の西河原公民館で調理をして頂ける方が対象となります。調味料・副食材・缶詰は各自でご用意頂きますが、アルファ化米及び、水500mlはこちらでご用意致します。

■レシピ概要 ライフラインがストップしたことを想定し、調理時間10分(ガスコンロ使用可)、缶詰(3種類以内)とアルファ化米(白米1パック100ℊ)を主とし、で500mlの水を使った非常食となる料理。

~条件・備考~【重要】
①缶詰は一般的に購入ができる物で200円程度以内の物。基本的な調理器具は利用可。
②常温で長期保存できる物で一般的な調味料及び家庭にありそうなものを副食材として利用することは可。(副食材が多く使われていると判断した場合は審査対象外)
③アルファ化米を戻す「水」については、上記500mlには含めない物とします。
④審査基準:・老若男女が食しやすいか ・調理法も含め非常食として適切か ・味/見た目など料理として適正か。

■応募方法
応募要項に必要事項をご記入の上、写真を添えて郵送にて提出してください。また、メールの場合は下記の要領でご応募ください。
①本文:応募要項に必要事項を記載
②タイトル:「非常食アイディアコンテスト応募」
③写真1点添付

★書類選考の上、一次審査合格者は二次審査会場で調理し発表して頂きます。
お一人様何点でも応募可能です。20180225非常食のアイディアコンテスト

※応募要項は、画像をクリックし表示される2枚めを印刷して使用してください。

◎応募先
【狛江青年会議所】
郵送→〒201-0002 東京都狛江市東野川4-9-25
メール→komae.seinen@gmail.com

◎結果発表:一次審査の合格者へは 3/1までに連絡を致します。

◎お問合せ先:090-1766-6992(担当:市川)

◎主催:狛江青年会議所
◎後援:狛江市
◎協力:社会福祉法人狛江市社会福祉協議会

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0Share on LinkedIn0